彼女とのあれこれ

【体験談】同棲を考えている方は必見!こんなに費用が掛かるのだよ・・・

こんにちは、よしきです!

 

これまでいろんなタイプの失敗を経験してきた僕でも付き合っている彼女がいるんですよ〜

マルチにハマっていた頃なんですが、それを承知でお付き合いしてくれている器の大きい彼女です!お付き合いを始めて1年5ヶ月ほど経ちましてついに同棲することにしました〜!!

引っ越しが無事完了したのですが、予想よりも初期費用が高くてビビりました・・・

そんなわけで、今回お届けする内容はこちら!

  • 東京(墨田区)で同棲すると、初期費用万円掛かる。
  • 賃貸物件探しは戦争・・・全然上手くいかない。
  • 初期費用はキレイに折半した!

では、いってみましょう!

同棲の初期費用は万円でした

よしき
よしき
家賃15万円だと60万円くらい初期費用で掛かるって。。折半するにしても高いな〜
彼女
彼女
え?1人30万円くらいなら払えるよ。もしかして、すぐ払えるような貯えないの?
よしき
よしき
・・・・・
彼女
彼女
えーー(顔が少し引きつる)

初期費用の内訳

一番気になる同棲の初期費用を公開しちゃいます。(勿体ぶって記事の最後とかにはしませんよ〜笑)

自分自身が現実から目を背けないようにするためにも、ありのままの金額を載せていきます!

敷金 14.2万円(1ヶ月分)
礼金 14.2万円(1ヶ月分)
仲介手数料 14.2万円(1ヶ月分)
前払家賃 14.2万円(1ヶ月分)
保証料 7.5万円
鍵交換費用 0.7万円
家具・雑費 11万円
合計 76.0万円

高すぎ!!

けっこう掛かりますよね??

この金額を彼女と折半して引っ越しを完了させました〜

いろいろなところにも書いてあると思いますが、引越しする際の初期費用は家賃の5〜6ヶ月分と見ておいたほうが良いです。引越しってけっこうお金の掛かるビッグイベントなんですよ〜

同棲する物件について

いろいろ話し合って同棲することにした物件はこんな感じです。

  • 家賃万円(管理費込み)
  • 築年、江戸川区、最寄り駅まで徒歩分
  • 2LDK、㎡の階

すでに結婚や同棲をしている学生時代の友人にも話を聞いて情報収集をしたのですが、全員一致で「2LDKに住むのは贅沢すぎる。」というアドバイスを貰いました。笑

ただ、自分の部屋は確保したいから間取りは2DKか2LDKで探すことはすぐに意見が一致していたんです。

ここまで同棲する物件が見つかって引越ししました、とサラッと書いてありますが、正直物件を見つけるところはめちゃめちゃ苦労してんです・・・

東京での賃貸物件探しは控えめに言って戦争

よしき
よしき
ん!!この物件かなり良い!まだ公開されて間もないし、すぐ内見の予約入れよう!
不動産屋さん
不動産屋さん
申し訳ございません。内見予約のご希望を頂いた物件はすでに申込みが入っております。。
よしき
よしき
ええええええええええええ

良い物件があっても申込みが入っているケースがほとんど

条件に合う物件を見つけて内見の予約を入れようと連絡しても、上の会話のようなパターンがほとんどでした。。

僕たちカップルが物件を探していたエリアは押上・錦糸町・清澄白河と、住みやすくかなり人気の高いエリアでした。僕たちがそう思えば周囲の人も当然そう感じるわけなので、競争はより激化することになります。

不動産屋さんに聞いたところ人気エリアすぎて、借主の募集をかけて週末を超えた物件は何か懸念点がある物件と言われるほど、だいたい週末で物件は誰かに取られてしまうのです。

いや〜、とんでもないエリアで探してしまったものです。笑

あと、SUUMOやHOMESなどの物件情報サイトに掲載する不動産業者のなかには、募集が終了している魅力的な物件をあえて削除せずに『客寄せパンダ』のように利用して、「他の物件もご紹介しますよ〜」と来店にこぎつける業者もいるようです。。

よしき
よしき
今回物件を探していて、これはホント不快だったわ〜

なので、SUUMOやHOMESなどの物件情報サイトは今では正確性を欠いており、どうでもいい物件情報が滞留したゴミ屋敷状態なんです。

それでも僕たちが賃貸物件の情報をネットで集めようとすると、これらの情報サイトを利用するしかないんですよね〜

家賃の相場感を把握するには効果があるとは思います。

申込みのパターンは全部で3種類ある

不動産屋さん
不動産屋さん
実は申込みには3種類あるんです。このエリアで物件を押さえるにはこの3種類があることを知らないと正直キツイですよw
よしき
よしき
いや、もっと早く知りたかったわww

①内見しないと申込みができない

借主と物件のミスマッチを避けるため、実際に物件を見てからでないと申込みができないパターンです。

今回の物件探しを通じて、このパターンの申込み方法は1つも出会いませんでした。笑

どうやらけっこうレアな申込みパターンのようです。

②申込みした後に内見して、申込みをキャンセルできる

もっとも多いパターンだったのはこれ。9割くらいはこのパターンだったと思います。

申込みのタイミングはいつでもよくて、内見をして「これはちょっと違うかもな・・・」といったときに申込みをキャンセルできるパターンです。

今回の物件探しで苦戦した理由の一つはまさにここで、僕たちは全ての物件は内見→申込みという流れとなっているとずっと思い込んでいたんです。

ただ周りの人たちは後でキャンセルできることを知っているので、とりあえず申し込みをして1番を押さえておき内見してイマイチと感じたらキャンセルするという流れで物件を探しているのです。

 

そりゃ、勝てませんよね。笑

 

なのでこの激しい物件争奪戦を制するには、『とりあえず申込みして、あとで考える』ことがめちゃめちゃ重要なのです!!

③申込み後はキャンセルできない

1割くらいはこのパターンがありました。

②のパターンと思って申込みをして、後々キャンセルできないと判明したときの絶望感は想像するだけでも怖いですね・・・

逆に間取り図や写真を見て、「おれが追い求めていた物件はコレなんや!!」と思えるようなものであれば、このパターンでもいい気がしますね。

最後に

いかがでしたか?

同棲に掛かる費用を赤裸々に公開してみました!

僕は東京の23区で同棲することにしたので、かなり費用が掛かった方ではないかなと思います。

同棲を考えているカップルさんは同棲に掛かる初期費用は家賃の5〜6ヶ月分と見積もっていれば良いかと思います!!

ぜひ参考にしてみてください〜

 

おしまい!